Android環境構築(Windows版) Android Studioのインストール

  1. Java環境構築
  2. Android Studioのインストール

次に、Android Studioをインストールします。

Android Studioをインストールすると、Androidアプリケーション開発に必要なAndroid SDK(Software Development Kit)や、実際の端末が無くても仮想的に端末の動作をPC上に再現できるAndroid仮想デバイス(Android Virtual Device:AVD)など、指示に沿ってインストールを進めるだけで、開発に最低限必要な設定が全て整うようになっています。
以前は、Java開発において最も普及している統合開発環境ソフトウェアであるEclipseにADT(Android Development Tools)というプラグインを入れてAndroidアプリケーション開発を行うのが主流でしたが、2013年にAndroid Studioの使用が公式に強く推奨されています。

Android Studioのインストール

それでは、Android Studioのダウンロードから行っていきます。まずは、次のURLで「Android Developers」サイトにアクセスし、このサイトからAndroid Studioをダウンロードしてください。

Android開発者用のウェブサイトへ(http://developer.android.com/sdk/index.html)

「Android Developers」サイトの「DOWNLOAD ANDROID STUDIO FOR WINDOWS」ボタンクリックし、ダウンロードページを開きます。

androidstudio_install_1

利用規約の同意画面が表示されますので、チェックボックスにチェックし、「DOWNLOAD ANDROID STUDIO FOR WINDOWS」ボタンをクリックしてダウンロードします。

androidstudio_install_2

ダウンロードが完了したら、次に、インストールを行います。ダウンロードした「android-studio-bundle-XXX.XXXXXXX-windows.exe」(Xの部分は、バージョンにより異なります。)をダブルクリックします。

androidstudio_install_3

お使いの環境によっては、以下のセキュリティ警告が出ますが、そのまま「実行」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_4

ユーザー アカウント制御のポップアップ画面が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_5

続いて、Android Studioのセットアップ画面が表示されますので、「Next >」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_6

次に、コンポーネントをインストールする画面が表示されます。「Select componets to install:」の全項目にチェックが付いている事を確認して、「Next >」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_7

Android SDKのライセンス条項確認画面が表示されますので、問題なければ「I Agree」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_8

Intel HAXM(仮想デバイス高速化の支援機能を提供するソフトウェア)のライセンス条項確認画面が表示されますので、問題なければ「I Agree」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_9

Android StudioとAndroid SDKをインストールするフォルダを選択する画面が表示されます。特別な理由がなければ、変更せずに「Next >」ボタンをクリックします。
なお、フォルダまでのパス上に日本語が含まれていると、正しくインストールされない可能性がありますので、注意してください。

androidstudio_install_10

Intel HAXMが利用するメモリ容量を指定する画面が表示されます。「Recommended:」に標準のメモリ容量が表示されており、そのままで良ければ、そのまま「Next >」ボタンをクリックします。
もし、容量を増やす必要があれば「Custom:」ラジオボタンをチェックして、容量を変更します。変更できるメモリ容量の範囲は、ラジオボタン下の文言、「*This value must be between 512MB and 5GB」に記載されている範囲内にしましょう。 なお、この範囲と標準メモリ容量は、お使いのPCの環境により異なります。お使いのPCのメモリ容量と相談して決定してください。変更した場合も、設定が終えたら、「Next >」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_11

インストール前最後の画面となるAndroid Studioを登録するスタートメニューフォルダ指定画面が表示されます。特別な理由がなければそのまま「Install」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_12

インストールが開始されますので、完了するまで待ちます。

androidstudio_install_13

インストールが完了したら、「Next >」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_14

これでAndroid Studioのインストールは完了しました。この後、インストール後の初期設定が必要となりますので、「Start Android Studio」にチェックが付いていることを確認し、「Finish」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_15


インストール後の初期設定

Android Studioのインストールが完了したら、Android Studioを使用するための初期設定を行います。

インストールが完了した際、「Start Android Studio」にチェックして「Finish」ボタンをクリックしていれば、以下の画面が表示されていると思います。
「Start Android Studio」のチェックを忘れてしまった方は、インストールされたAndroid Studioを起動してください。

androidstudio_install_after_1

Android Studioが起動すると、以前の設定を取り込むか否かを選択する画面が表示されます。下側のラジオボタン「I do not~」にチェックが付いていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_after_2

環境によっては、ファイアウォール機能による警告画面が表示されますが、そのまま「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

androidstudio_install_after_3

Android SDKやAVDなどの必要なコンポーネントがダウンロードされ、インストールされます。

androidstudio_install_after_5

インストールが完了すると、「Finish」ボタンがクリックできるようになりますので、クリックします。

androidstudio_install_after_6

これで、Androidアプリケーションを開発する環境が整いました。

Android Studioの日本語化

Andoroid Studioは現在のところ日本語には対応しておらず、英語表記となります。本講座でも、英語表記であることを前提に説明文を記述していきます。
しかし、英語が苦手で、どうしても日本語化したいということであれば、インターネットから、非公式の日本語化リソースファイルをダウンロードして配置することで、日本語化することが可能です。
ただ、すべてが日本語化されるわけではなく、日本語化リソースファイルのバージョンや種類によっては、和訳が若干異なる可能性などもあります。
そのため、英語表記のままでAndroid Studioを扱うことを推奨します。