最初のJavaプログラム プログラム

プロジェクトの作成が完了したら、最初のJavaプログラムを書きましょう。
Javaプログラムは、「クラス」と呼ぶ単位で作成していきます。

「クラス」とは、Javaプログラムそのものです。Eclipseで新規のプログラムソースファイルを作成するということは、新規の「クラス」を作成することになります。

それでは、Eclipseで新規のクラスを作成してみましょう。
プロジェクトの直下にある「src」フォルダを右クリックして、「新規」→「クラス」を選択します。

以下の「新規Javaクラス」画面で、作成するクラス名を入力します。
最初のプログラムは、「HelloWorld」としますので、「名前」入力欄に「HelloWorld」と入力しましょう。

また、「public static void main(String[] args)」にチェックを付けて、「終了」ボタンをクリックします。この「public static void main(String[] args)」にチェックすることによって、作成しているクラスを直接実行することが可能になります。

以下のようなプログラムソースが自動生成され、Eclipseのエディタ部分に表示されます。

public class HelloWorld {

    /**
     * @param args
     */
    public static void main(String[] args) {
        // TODO 自動生成されたメソッド・スタブ

    }

}

それでは、表示されているプログラムソースに、「こんにちは世界!」を出力するプログラム「System.out.println(“こんにちは世界!”);」1行を入力しましょう。

public class HelloWorld {

    /**
     * @param args
     */
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("こんにちは世界!");

    }

}

プログラムを入力する場所、入力するコードのスペルや大文字、小文字も気を付けてください。

もし、間違っていると、エディタにエラーを意味する赤い×マークが表示されます。この×マークがあると、コンパイルができず、実行することもできません。エラーがある場合には、再度入力したプログラム内容を確認しましょう。

最初のプログラムの作成は、以上です。

次は、プログラムの実行です。