Java環境構築(Windows版) Eclipseのインストール

  1. JDK インストール
  2. パスの設定
  3. Eclipse インストール   

※Androidアプリの開発環境を構築されている方は、こちらの手続きは不要です。

Javaの開発環境構築の最後は、Eclipse(エクリプス)という統合開発環境(IDEとも呼びます)をインストールします。

Eclipseのような統合開発環境ソフトを使用しないで開発する場合、コマンドプロンプトでコンパイルや実行の操作をします。しかし、実際のシステム開発では開発効率も悪いため、より開発がしやすい機能が盛りまれた統合開発環境ソフトを使用します。

統合開発環境ソフトは、Eclipseの他、エンバカデロ・テクノロジーズ社(買収以前は、Borland(ボーランド)社)のJBuilder(ジェイビルダー)、オラクル社(買収以前は、Sun Microsystems社)を中心としたコミュニティにより開発されているNetBeans(ネットビーンズ)などがありますが、Eclipseが最も使われている統合開発環境ソフトでしょう。Eclipseは無料でダウンロードでき、誰でも利用できます。

Eclipseのインストーラは、日本語で表示されるようにカスタマイズされている「Pleiades All in One」を使用します。
「Pleiades All in One」は、Eclipse本体とPleiadesおよび便利なプラグインがセットになっているパッケージです。

 

Eclipseのインストール

インストーラは、以下のサイトからダウンロードします。

Pleiades All in Oneダウンロードサイト(http://mergedoc.sourceforge.jp/)

表示された画面上部にある、「Eclipse X.X ~」(X.Xはバージョン番号)のうち、X.Xが最新版のものをクリックします。
以下の画像では「Eclipse 4.3 Kepler」が最新版ですので、こちらをクリックします。

なお、これ以降は、Eclipse 4.3 のインストールを前提として記載します。
バージョンが異なる場合は、設定画面も若干異なることがあります。

 

クリックすると、以下の画面が表示されますので、縦が「Java」、横が「Full Edition」の「Download」ボタンをクリックしてください。
なお、「32bit」と「64bit」のどちらの「Download」ボタンをクリックするかは、ご利用のOSをご確認してください。

ダウンロードしたzipファイルの解凍先は、他のディレクトリでも問題ありませんが、特にこだわりが無ければCドライブ直下に解凍します。

解凍したフォルダを開いて、正しく解凍できていることを確認しておきましょう。

これで、Eclipseのインストールは完了です。

それでは、Eclipseの起動確認をしておきましょう。

解凍した「pleiades」フォルダの「eclipse」フォルダを選択すると、「eclipse.exe」がありますので、このファイルをダブルクリックします。

このexeファイルのショートカットアイコンをデスクトップに作成しておくと便利です。

ショートカットアイコンの作成は、exeファイル「eclipse.exe」を右クリックして「ショートカットの作成」を選択し、作成されたショートカットアイコンをデスクトップに移動します。

Eclipseの起動には、少し時間がかかります。以下の画面が表示されますので、しばらく待ちましょう。

その後「ワークスペース・ランチャー」ダイアログが表示されますので、ワークスペースのフォルダを選択してください。

ワークスペースとは、アプリケーションのソースファイルや設定ファイルなどを保存するフォルダです。

デフォルトで表示されているフォルダを変更しても問題ありません。ワークスペースを選択したら、そのまま「OK」ボタンを押下します。

これでEclipseが起動します。
起動すると、Eclipseの開発画面が表示されます。

 

これで、Eclipseの起動確認は完了です。

 
Eclipseが日本語化されない場合の対処手順はこちら>>