PHP環境構築 MySQLの設定

XAMPPのインストールが完了すると、データベースMySQLも使用可能になります。

データベースを使用するWebシステムを構築する場合、XAMPPのインストールの後にMySQLの設定も行いましょう。

MySQLの起動

MySQLの起動は、デスクトップに作成されたショートカットアイコンをダブルクリックします。

※Windows VistaかWindows7の場合は、セキュリティが厳しいため、アイコン上を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

以下のようなパネルウィンドウが起動します。

MySQLの管理ツールを利用するには、WebサーバのApacheが起動している必要があります。

パネルウィンドウで、Apacheの右側の「Start」ボタンとMySqlの右側の「Start」ボタンを順番にクリックしてください。

以下のように画面が表示されれば起動が完了です。

ファイアーウォール機能による警告画面が表示された場合、「ブロックを解除する」ボタンまたは「アクセスを許可する」ボタンをクリックしてください。

Apache、MySqlの「Start」ボタン以外のボタンやチェックボックスは今回は変更しないようにしてください。

以上でMySQLの起動が完了しました。


MySQLの操作

MySQLが起動した後は、MySQLにログインして、MySQLを操作していきましょう。

「Windowsキー+ R」で、「ファイル名を指定して実行」画面を表示し、「名前」欄に「cmd」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

「コマンドプロンプト」と呼ばれる以下の黒い画面が起動します。

コマンドプロンプトに表示されている最後の「>」の後に、以下のようにコマンドを入力して、Enterします。

cd C:\Program Files\TechFun\TechFun-XAMPP_1.7.3\mysql\bin

「cd」は、ディレクトリを移動するというコマンドで、そのあとに移動するディレクトリ先を指定します。

MySQLは、インストールしたXAMPPフォルダの「mysql」フォルダの「bin」フォルダにある「mysql.exe」で起動できますので、まずは、「mysql.exe」があるディレクトリまで移動しましょう。

上記の記述で、Cドライブの中の「Program Files」フォルダの「TechFun」フォルダの「TechFun-XAMPP_1.7.3」フォルダの「mysql」フォルダの「bin」フォルダの中に移動しています。インストールしたXAMPPのディレクトリを確認して、適切なパスに変更してください。

ディレクトリを移動すると、コマンドプロントが以下のように表示されます。

次にMySQLにログインするコマンドを入力して、Enterします。

「mysql」で「mysql.exe」を実行しています。「-u」がユーザ名を指定するオプションで、そのあとに「root」としていますので、「root」ユーザでログインをしていることになります。

ログインができるとコマンドプロンプトが以下のように表示されます。

この「mysql >」の後に、SQLを入力して、データベースのデータを操作します。

MySQLでは、「データベース」という呼び方で各データの管理単位を定義します。例えば、書籍管理システムのデータをまとめて管理する場合は、書籍管理システムに関係するテーブルを全て同じ「データベース」に格納します。

最初にMySQLの環境にある「データベース」を確認してみましょう。以下のように(mysql >の部分は不要です)入力して、Enterしてください。最初から存在するサンプルデータベースの一覧が表示されます。

mysql > show databases;

新たなデータベースを作成する場合は、以下のように記述します。

mysql > create database データベース名;

 MySQLのデータを操作するときには、どの「データベース」を使用するのか選択する必要があります。作成したデータベースを選択する場合は、以下のように書きます。

mysql > use データベース名;

「Database changed」と表示されれば、正常に選択されています。


phpMyAdminツール

XAMPPには、データベースのデータを操作するために、「phpMyAdmin」というツールがあります。

上記で作成したデータベースもコマンドプロンプトでコマンドを入力しなくても、このツールを使用すると簡単に作成することができます。

以下のURLから「phpMyAdmin」を起動してみましょう。

※このツールを使用するには、あらかじめApacheを起動しておく必要があります。

phpMyAdmin(http://localhost/phpmyadmin/)

新規でデータベースを作成する場合は、画面中央の「新規データベースを作成する」から作成しましょう。

画面の左にあるデータベースの一覧から使用するデータベースを選択します。データベース選択後、各テーブルの作成やデータの操作ができます。

MySQLの設定については以上です。

次に サクラエディタの設定 です。