Python環境構築 Anacondaインストール



Pythonの環境構築方法はいくつかありますが、今回はその中でもよく使われている「Anaconda」というPython本体とライブラリがパッケージになっているディストリビューションの一つを利用した方法で進めます。

次の手順でPythonの開発環境構築を行っていきましょう。

 

以下のAnaconda のダウンロードページから、インストーラーをダウンロードして進めて行きます。

https://www.anaconda.com/download/

特別な事情が無ければ、バージョンは2.xxではなく最新版を使用ください。

今回は、現在の最新版であるPython 3.7の64 bit のインストーラをダウンロードします。

ダウンロードボタンをクリックするとメールアドレスの登録画面が表れますが、登録しなくても進めて行けます。こちらの画面は閉じて構いません。

ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードした「Anaconda3-5.3.0-Windows-x86_64.exe」というファイルをクリックして実行します。

インストーラーが起動しますので、「Next」をクリックして進みます。

ライセンスの承諾画面ですので、「I Agree(承諾)」をクリックして進めます。

理由がなければ、デフォルトで選択されている「Just Me」の選択のまま「Next」をクリックします。

保存先もデフォルトのユーザーフォルダ直下のまま変更しなくて構いません。

「Next」をクリックします。

「Add Anaconda to my PATH environment valiable」にチェックを入れると、環境変数のPathにAnacondaが追加されますが、推奨されていない設定なので今回は下記のようにデフォルトのまま進めます。

「Install」をクリックして進めます。

インストールが開始されますので、完了までしばらく待ちます。

Completedと表示されましたら、「Next」をクリックします。

次の画面では、Visual Studio Code (VS Code)というエディターも同時にインストールするかの確認が出ますが、

AnacondaのインストールではJupyterNotebookとSpyderというエディタも入りますので、今回はインストールせずに進めます。

「Skip」をクリックしてください。

Anacondaのインストールが完了しました。

「Finish」をクリックして、インストーラーを閉じましょう。

スタートメニューを確認するとAnacondaのフォルダが追加されています。

以上で、Python環境構築のためのAnacondaインストールは完了です。




Tech Funの記事をシェアする